けものフレンズ・漆

草を積むお使いや旧友との再会は特に面白みもないので割愛してサラボナへ到着。ここに住まう頭髪が微妙に危うい大富豪の親父が天空の盾を餌に愛娘の結婚相手を探していやがったので、これはチャンスと思い流れに便乗。条件として指定された炎のリングを取りに行く事に

というワケで、死の火山の最深部へやってきました。んで、久々のボス戦。リングを守護する溶岩原人3兄弟とのバトルでございます。3匹同時に出現して火炎の息を吐きまくるという、序盤のトラウマとも言える相手です

通常ならば炎耐性を持つスライムナイトやドラゴンキッズを勧誘して火炎の息に供えるんだけど、炎に強いけものなんてめったに居ないのでとにかく耐えるしかありません。ちなみにたまにラリホーやメダパニ、果てはマヌーサも効くんだけど、AIは何故か最初のターンにしか使いやがらないので、最初にどれだけ多くの相手を状態異常に巻き込めるかが勝負の明暗を分けると言っても過言ではないでしょう

そして4回目の挑戦でようやく勝利。無事に炎のリングを回収し、次に向かうのであった

スマホデビューによる携帯からのテスト投稿

今まで愛用していた携帯がお亡くなりになったので、今さらながらスマホに機種変更

んで、SDカード側にアドレス類を登録してなかったらしく、急遽前の携帯のアドレス帳を見ながら登録していく羽目に

そんなワケである程度は復旧出来たと思うんだけと、果たしてこのブログ投稿アドレスはきちんと送信出来るのでしょうか?

あっ、入力にかなり手間取っているので例え成功したとしてもブログ投稿はインターネット経由でやっていきますよ

けものフレンズ・陸

JUGEMテーマ:ゲーム



携帯がぶっ壊れました。普段携帯から記事投稿している私としては非常にヤバい事態である。まあ、PCや3DSのインターネットチャンネルで投稿自体は可能だから、ブログ終了なんて事にはならないんだけど

さて、ポートセルミに到着したアベルとけものたち。普段ならここで新防具のマジックシールドを買い与えたりするのだが、買い物禁止の縛りのためそれは不可能。という訳で宿屋へ直行。腹いせにそこにいた罪無き山賊をぶちのめし、気の弱そうな田舎者から1500Gもの大金を巻き上げる事に成功。彼の村を突き止め、さらに1500Gとかつての強敵(とも)であるキラーパンサーのボロンゴの加入とついでに強面かかしも頂いたのであった

えっ、表現おかしい?この村でのイベントは普通に書くとDQVでも有名すぎるムカつきポイントなのでこれで無問題なのです

さて、次の町へ行きますかな

けものフレンズ・伍

ガンドフの賢さが20を越えたのでニセ太后戦へ。前回微妙に名前を間違えていたけど、誤差だよ誤差

ちなみに各けものの装備は以下の通り

○プリズン
鋼の牙(ラインハット地下の宝箱)
鉄の胸当て(サンタローズ地下の宝箱)
木の帽子(ダンスニードルのドロップ)

○イエッタ
ブーメラン(氷の館の宝箱)
鱗の盾(神の塔の宝箱)
皮の腰巻き(サンタローズ地下でのタンス)
木の帽子(ダンスニードルのドロップ)

○ガンドフ
銅の剣(山賊ウルフのドロップ)
鱗の盾(ガスミンクのドロップ)
木の帽子(ダンスニードルのドロップ)

その気になればエンプーサから2着目の皮の腰巻きやアウルベアーから鉄の盾も狙えたんだけど、さすがにそこまでやってると更新が遅れかねないので断念。というか、宝箱&ドロップ品でもそこそこ充実するのね

さて、ニセ太后戦だけど、城内でのバトルという事もあり、アベルが強制参加となります。よって前回の縛りでも用いた『アベルが生存中は『呪文使うな』にしてアベルが力尽きたら命令変更』作戦でお送りします

しかしこのニセ太后、攻撃面こそ130を誇る攻撃力からの痛烈な打撃や燃えさかる火炎による全体攻撃などといったこちらを壊滅状態に追い込めるスペックを持つものの、悲しいかな、1ターン休み系には弱耐性しかなかった。そしてイエッタは初期特技で1ターン休み系の『雄叫び』持ち…

はい、大方の予想通り、毎ターンイエッタの雄叫びが成功し、ダメージを受ける事なく完封勝利を達成。一応すぐに作戦変更出来るようアベルの体力を1にまで減らしたのだけれど、まさか完封するとは思わなかった

さ、さあ次へ進もう…(汗)

けものフレンズ・肆

レベル15になり、ベホイミを習得。これで生存率が飛躍的に跳ね上がった。まさか『ベホイミを使う間もなく雄叫びハメを喰らう』事態にはならないだろう(n敗)

さて、安全面が確保出来たとはいえ、やはり確率1/32は伊達じゃなかった。1/64や1/256の奴等よりかは遥かにマシだが、それでも本縛りでは最高何度なのだ

しかし私は諦めなかった。時には命からがら敵前逃亡をし、また時には縛りプレイではお馴染みのスライムナイトを門前払いしつつも、ようやくイエティのイエッタの勧誘に成功。ヒャド系や吹雪を無効化し、ブーメランやムチによる範囲攻撃も可能なナイスガイだ。こ、これでストーリーを進められる…!

まあその前にやることがあるんだけどね。というワケで神の塔へ直行。レベル上げの最中に忍び込んでラーの鏡は入手しているのだが、ここの塔の上部にはビッグアイが出没するのだ。確率はイエッタと同じ1/32だが、貴重な回復呪文を扱える彼は是非とも仲間にしたい

んで、まさかの一発雇用成功。ちょっと待って。同じ確率のイエッタは数日間かかっても起き上がらなかったんだけど…その起き上がりを何故イエッタに出なかった…?

まあいいや、ともあれ無事にビッグアイのガントフが仲間に加わったのでまったりレベル上げでもしますか

けものフレンズ・参

いろいろとフラグを回収してラインハットに到着。地下にて鋼の牙を入手し、ますますプリズンが強化されたのであった

さて、ラインハット周辺にはイエティが出没する。白い毛皮を着こなすご存知モフモフ野郎である。もちろんけもの系なのでスカウト対象なのだが、そこに大きな罠があった

なんとコイツ、雄叫びを使ってきやがります。通常プレイならば特に気にする事もないデレ行動だけど今回の縛りでは勝手が違った

理由は単純明快、プリズンには『1ターン休み』に対しての耐性が無いのである。弱点には設定されてないので稀に回避出来るものの、それでも被弾率は物凄いものがあった。つか、11ターン連続で雄叫び使用でそのすべてで怯んでそのまま他の敵にボコられてお陀仏とか卑怯すぎるだろ?それ、ウチの島じゃノーカンだから!

仕方ない、あまり気乗りしないけどレベル上げるか…

けものフレンズ・弐

地道な作業の末、プリズンの賢さが20を越えたので昔懐かしのサンタローズの洞窟へ。最奥にある『天空の剣』を入手するためにはアベルの同行が必須なんだけど、このような『人間キャラが強制参加のダンジョン』は全逃げで進めていきますのでご安心を。というワケでフルメンバーで洞窟イン。もちろん人間キャラは完全なる肉壁で御座います

しかしさすがは青年期前半最初に訪れるダンジョン。とにかく固いガメゴンや一撃が重いアウルベアー、現時点では冷やかしにしか感じられないメタルスライムなど、なかなか一筋縄にはいかない。アベルのレベルが一定値を越えてれば確定逃走可能なんだけど、前回の縛りでレベル上げ作業に飽きたので極力過度なレベル上げはしないようにします

そして道中、現状高性能の『鉄の胸当て』をゲット。さっそくプリズンに装備させてみると今まで36しか無かった守備力が53まで上昇したではないか!よし、これで雑魚モンスターの打撃にも耐えられる!

…まあ次の戦闘で強制送還されたんだけどね。だって縛り上アベルの呪文も禁止だし

ま、まあ次があるから…(震え声)

けものフレンズ・壱

テンプレ通り町の周囲で夜にし、オラクルベリーにて馬車とモンスター勧誘極意を会得。さあ、レッツ勧誘タイム♪

そしてまさかのプリズニャン一発ツモ。縛りとして述べた以上、以降は人間キャラの使用禁止です(主人公必須戦闘除く)

さあ、地獄が始まった。なにしろプリズンの初期HPはたったの26。今回は特に防具は縛ってないので守備力の底上げは出来るものの、あまりにも体力が低い。よって戦う相手を選ぶ必要があるのだ

一番効率がいいのがプリズニャンの群。さすがに全員にヒャドを射たれると不味いが、ヒャド系には強耐性だし、無駄行動しなければ2ターンで1匹倒せるので、まず問題無いだろう。ちなみに次点はブラウニー。痛恨が怖いがさすがに2匹以上連続痛恨被弾という展開にはならないと信じたい

そして、一戦する度に修道院に帰還する途方もない作業が始まった…

けものフレンズ・零

実は前シリーズのパート1を投稿した時点で3種類くらい新たな縛りを考えていたり。というワケでさっそく新たな縛りのルール説明をば

○仲間に出来るのは『動物系』のみ
○最初の一戦以外人間キャラ使用禁止
○起き上がってきたけもの系は拒否権不可で勧誘
○娯楽施設全般の使用禁止
○馬車以外の買い物禁止
○レベルカンストしてないキャラの爺さん送り禁止

以上である
ちなみに仲間に出来るのは以下の通り

プリズニャン
イエティ
ビッグアイ
キラーパンサー
オークキング
アームライオン
ケンタラウス
ソルジャーブル
おおねずみ

ビッグアイは微妙だけど、モンスターズでけもの系に俗していたのでセーフ。というか、おおねずみの存在感がヤバい

地味にキツいのが『レベルカンストしてないキャラの爺さん送りに禁止』のルール。この条件のお陰で、レベルカンスト者が居ない状態で7匹目が起き上がってしまうと『絶対勧誘』の条件もあるので確実に詰みます

さあ、まったりとやっていきますかね

DQXモンスターでDQV〜その18〜

さあ最終回。残すはラスボスを倒すだけである。というワケで、サクッとボコりに行きますかな

ちなみにメンバーは以下の通り

○ロビン
○ピエール
○サイモン
○プリズン
○ブラウン
○メッキー
○ドラきち

このうち、メッキーはルーラ要員、ドラきちは移動中の復活の杖要員なので戦力として期待してはいけません。まあどちらも回復手段はいるので、弾除けくらいにはなるかな?

ちなみにピエールとサイモンとロビンが装備している『吹雪の剣』はラスボスに対して特効なので意外と高火力が叩き出せます

というワケで、見処さんが留守してた第一形態はすっ飛ばして第二形態戦。吹雪の剣トリオにブラウンを加えての、高火力で押しきる作戦を決行。ちなみにブラウンには賢者の石も持たせているので、多少のリカバリーも可能だ

と、対したターンも経過してないにも関わらずミルドラースが瞑想を使用。どうやら第二段階に移行した模様。予想を遥かに上回る展開に私自身ビビってるのは内緒だ

さて、ここからが本番だ。計算上3ターンに一回の割合で瞑想を使ってくるため、それを越えるダメージを与えて最終段階に移行させないといけない。しかし相手の攻撃も過激さを増し、賢者の石だけではとてもじゃないがカバーしきれない。というワケで、ブラウンとメッキーを交代。ただベホマラーを唱えまくるだけの鳥と化したメッキーのお陰で、なんとか最終段階へと移行したのであった。ここまでくれば残り2000弱。一気に勝負を付けたいところ

しかし、さすがはラスボス。最後に驚異的な粘りを見せてくる。なんと痛恨の一撃により賢者の石係であるブラウンが即死!メッキーのMPは第二段階戦で枯渇してしまったため、以降はピエールとプリズンの回復呪文とドラきちの祝福の杖、そしてサイモンの持つちからの盾による自己回復しかないのだ

んで、ピンポイントて痛恨が刺さってドラきち死亡。ま、まあ彼はマスコットだから…(負け惜しみ)

しかし、ここまで来て諦めるワケにはいかない。残った3匹を信じ、ひたすらAを押すだけの作業だ。

そしてついに勝利の女神が微笑んだ。MPが尽きたピエールとプリズンが天に召されるも、ちからの盾で粘りつつも打撃を積み重ねていったサイモンの一撃により、ついにラスボスミルドラースが沈んだのである!まさに『ニコニコ名勝負』に相応しい展開に、私自身大興奮。勝ててよかった

というワケで『DQXモンスターでDQV』はこれにて閉幕。指示を出さなくても、鎧兜を装備させなくても、エンディングを迎えることは可能なのです!

さあ、次はどの縛りで走ろうかな?

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
sponsored links
3DSフレコ
206292672897
ポケモンB2フレコ
258093670363
ドラクエXフレコ
EF899-790
リンクについて
リンクを希望される方は、どこでもいいのてコメントをお願いします。無断掲載だけはご遠慮下さい
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM